格安SIMには3つの種類がある

バナー

格安SIMには3つの種類がある

モバイル端末の通信料金を安くできる切り札のような存在として、近年メディアなどで度々取り上げられているのが格安SIMと呼ばれるサービスとなります。格安SIMはスマートフォンやタブレット、モバイルルーターなどで利用ができるのですが、実は格安SIMにはデータ通信専用SIM、SMS機能付きデータSIM、音声通話対応SIMと、大別すると3種類のSIMがあり、それぞれ利用に適した端末というのは異なっています。



それぞれSIMカードの特徴などについて詳しくみていきましょう。


まずデータ通信専用SIMですが、これはモバイルルーターやタブレット端末等の利用に適しています。データ通信専用SIMでは音声通話などはできませんが、その分利用料金が安いというメリットがあります。
なお、このデータ通信専用SIMにSMS機能をプラスしたものがSMS機能付きデータSIMとなります。


こちらは音声通話はできないものの、SMSの送受信ができる番号が付与されるので、SMS認証が必要なサービスの利用ができます。



SMS機能付きデータSIMはサブのスマートフォンやタブレットで利用するのがおすすめです。



一方で音声通話対応SIMはデータ通信に加えてSMSや音声通話が可能なSIMなのでメインのスマートフォンに利用するのに適しています。

加えて、多くの格安SIMではオプションとして定額料金で音声通話がし放題になるサービスの展開をしているので、音声通話発信をよくする場合でも安心です。