格安SIMを利用するメリットとデメリット

バナー

格安SIMを利用するメリットとデメリット

格安SIMにはメリットとデメリットの両方があります。

まずメリットは携帯電話の月額料金がかなり安くなるという点です。

大手の携帯会社だと月平均1万円弱かかっていた料金が約3000円ほどになります。

料金が下がったからといってサービスが悪くなる事もなく、使い勝手もほとんど変わる事はありません。


次に契約縛りがないという点です。


大手の携帯会社だとほとんどが2年契約で、その間に解約をしたり他社に乗り換えると違約金を払わなければなりません。しかし格安SIMであれば1年ほど使用すれば、後は解約しても他社に乗り換えても違約金は発生する事がないので自由に携帯会社を選ぶ事が出来ます。


一方デメリットは、スマートフォンを購入しなければならないという点です。

もちろん他社から乗り換える場合はその必要はありませんが、基本的に持っていない人は最初に安くても数万円する機種を買わないといけないのがデメリットです。分割で購入をすれば月々の携帯料金に上乗せする形で支払っていく事になりますが、そうすると分割手数料もかかってしまいますし、数年間上乗せされた料金を支払わなければならないので、月額使用料も高くなってしまいます。



また通信速度は大手に比べて遅いので、時間によっては重くなり快適に使えなくなったりする事がありますし、大規模な通信障害が起こる可能性もあるという点もデメリットと言えます。
大手の携帯会社ですら数年に一度起こしてしまうのですから、小規模な会社であれば1年に数回は大きな通信障害が出るという事も覚悟しておく事が必要です。



他にも格安SIMの会社は乱立しているので、中には契約者数が伸び悩み大手に吸収されたり他社に事業譲渡されたりしてしまうという可能性もあります。

このように格安SIMを利用するとメリットとデメリットの両方があるのでよく考え自分に合ったところと契約する事が大切です。